増毛にするか、植毛にするか

最近、増毛に対する関心が高まっていて、かつらに抵抗があっても、
増毛なら、と考える人も多いようです。しかし、増毛について、
最低限知っておくべきこともあります。増毛は、もともとある毛に
数本〜数十本の毛を結び付けたり、毛髪を植え付けた特殊な細い糸
を自毛に紛らし、毛のボリュームを増やす、という技術です。

育毛などと比べ、短期間で気軽に試すことができます。ただ少し
ばかり費用がかかります。増やす本数によって価格も変わってくる
ため、増毛を行う場合、専門のメーカーと相談し、適切な本数を
決める必要があります。「植毛」と比べ、増毛の場合、頭皮を傷つ
けることなく髪を増やすことが可能ですが、自毛が伸びるにつれ、
結び目も一緒に上がってきてしまうため、定期的なメンテナンスが
必要になります。

増毛中に自毛が伸びてきたら、増毛した結び目を、元の位置に戻す
必要があります。このように、定期的なメンテナンスの必要がある
のですが、基本的に一度増毛すれば、抜けたり切ったりするまでは、
半永久的に使えます。カットする場合、元の位置に戻した時点で
髪を整えれば、より自然なスタイルに仕上げります。ただし結び
付けた自毛が抜けてしまった場合は、増毛した部分も落ちてしまう
ことになります。

植毛を行うとなると、頭皮に直接施術を行う一種の医療行為となり、
多少の不安要素もあります。ただ、増毛と比べれば、より自然な
仕上がりとなり、ずれたり、取れたりすることもなく、メンテナ
ンスも必要ありません。自分の頭の状態を良く考えどの程度髪の毛
を増やしたいかも含めて、増毛にするか、植毛にするかよく考える
ことでしょう。

当サイト人気コンテンツ

★ 増毛か植毛か?
★ 賢い利用法のご紹介
★ メリットとデメリット
★ 増毛剤による方法
★ サロンの選び方
★ 大まかな流れの紹介


Copyright (C) 2007 増毛@解説NAVI All Rights Reserved.